FC2ブログ

Entries

53号作家紹介・宮本草子

作家紹介・宮本草子

◆宮本草子五十句「茗荷の花」より

抱擁のかたちも朧かぼちゃ煮る
日溜りも木陰もきっとまぼろしだ
わたしを泣かす夕日が好きでたまらない
何だっけほら何だっけ茗荷咲く
薄明り空っぽだけがすわる椅子

◆宮本草子五十句「茗荷の花」を読む 「いじわるも慈愛も」 浮 千草

  ミソハギ咲いた準備する手がふと止まる
 五十句の最後に置かれた句である。あわただしく出かける準備でもしていたのだろうか。ふっと咲き出したミソハギに目が止まる。
「ミソハギ咲いたよ」「あら、咲いたわね」なんて会話した一年前のことが走馬灯のように思い出される。
 今年は一人の、このさみしさ。(後略)

◆宮本草子さんインタビュー
●新子川柳との出会いは。
「アサヒグラフ」の「川柳新子座」が出発点です。エッセイのファンでした。その内に投句し、入選するようになって、1995年〈好きという大きな毬を渡される〉で新子座大賞を頂きとても驚きました。(中略)
●川柳に思うこと、心がけておられることは。
 新子先生には二度しかお会いできませんでした。「日記に書き留めておくだけでいいような句は作るな」と言われた事は、今でも抱える大きな課題です。(後略)

*毎回、会員誌友の中から「この人に会いたい」という人にフォーカスしてご紹介する作家紹介。自選50句、作品鑑賞、インタビューにより、たっぷりページを割いて川柳作家の素顔をご紹介いたします。



スポンサーサイト



53号目次

現代川柳53号(2017年1月)目次

◆前号秀句十選
安井茂樹・中川千都子・一橋悠実・夕凪子・渡辺美輪

◆川柳作品
・群像 (会員自選作品)
・群舞 (会員・誌友投句作品、小林康浩選)
・誌上句会「漆」 小川敦子選
・人間の目社会の目 近藤良樹選

・誌上互選句会 第43回「たたむ」結果発表
・「呼ぶ」に寄せられたコメント
 ・第44回「流す」投句一覧

・初心者講座「菜」 渡辺美輪選

◆作家紹介・宮本草子
・宮本草子50句「茗荷の花」
・宮本草子50句を読む  浮 千草
・宮本草子さんインタビュー

◆エッセイ・読み物
・噺のはなし(5)「天王寺参りと孝行糖」さとう裕
・古川柳かづみ読み(28)「三味線を弾いて淋しい…」徳道かづみ
・ときめき地図(28)「真紅」中川千都子
・小児科の窓から(17)「赤ちゃん返り」平尾正人
・こん・紺・コラム(14)「神戸」 久保田 紺
・月の子の風景(23)「陽の子と火の子(4)」 茉莉亜まり
・「祖父の言葉」杉浦まりこ
◆会員リレーエッセイ
・一期白書~出会い・出合い・出逢い~
 武田順一・宇野弘子

・川柳の風景
 芳野寛子・岸本きよの

◆川柳人物辞典(23)岩井三窓

◆わたしの選んだ前号この一句
小西松甫・米澤久男

◆52号を読んで 木割大雄

◆往復メール 永遠屋だより

Extra

プロフィール

美輪@brownycat

Author:美輪@brownycat
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索